オートミールベジクッキー フードコーディネーター&スタイリストの江口恵子さん作

Sherry-スペシャルレシピ3

カスティージョ・デ・タベルナス0.1を使ったおいしく、身体にやさしいレシピをご紹介します。
江口恵子さんによるレシピの最終回はデザート香ばしく歯ごたえのよい
オートミールベジクッキーはオヤツだけでなく朝食にもどうぞ。

オートミールベジクッキー(作りやすい分量)

A
オートミール・・・100g
全粒粉・・・20g
レーズン・・・40g
くるみ(ロースト)・・・40g


オリーブオイル・・・大さじ2
豆乳・・・大さじ2
玄米甘酒・・・大さじ2
メープルシロップ・・・大さじ2
塩・・・小さじ1/2

作り方

① ボールにAのオートミール、全粒粉を入れる。
くるみとレーズンは粗く刻んで加え全体を満遍なく混ぜる。

② Bを別の小さなボールに入れてオイルが乳化するまでしっかりまぜる。

③ ①に②を加え切るようにしてさっくりと混ぜ合わせる。

④ ③を約直径3センチほどの丸に丸め中央を軽く押さえて天板に並べる。

⑤ 170度に予熱したオーブンで15~18分焼く。
食べるときにオカスティリャ・デ・タベルナス0.1に浸して食べる。


次回2017年2月25日からは新連載が始まります


  • ポイント
  • 江口恵子さんプロフィール

くるみとレーズンは細かくし過ぎないのがコツ。粒を少し感じるくらいが歯ごたえ、風味が良くておいしくいただけます。丸めるときは手にオイルを薄く塗るとくっつかず、成型しやすいのでお試しください。

えぐちけいこ。インテリア&フードスタイリスト。雑誌、広告、Web等でインテリア、料理といった暮らしまわりのスタイリングを提案。吉祥寺にてORIDOを主宰し、カフェオーナーからクッキング講師まで務める。著書には『子どもといっしょに季節の食しごと&保存食』(マイナビ刊)、『作って伝える 郷土ほっこりおやつ』(赤ちゃんとママ社)がある。
http://www.natural-foodcooking.jp
http://www.orido.life

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP