ベンジャミンを使った離乳食『野菜と魚のリゾット風』 柿沢安耶さん作

 Sherry-スペシャルレシピ4

今月より3か月に渡って『パティスリー ポタジエ』のオーナーパティシエール 柿沢安耶さんによる
カスティージョ・デ・タベルナス0.1を使ったレシピをご提供頂きます。

まず、最初はベンジャミンを使った離乳食。
ベンジャミンは生後6か月の赤ちゃんからご利用頂ける刺激のないオイルです。

柿沢さんご自身もお子さまの離乳食に取り組み中とあって
日々のご経験から生まれたレシピです。
おいしい離乳食はお母さまとお子さんの信頼関係を築く
大事なコミニケーションのひとつ。
ぜひお試しください。

 ~離乳食~ 野菜と魚のリゾット風
(生後7~8カ月の中期食)

材料 1人分

7倍粥…50g
・野菜スープ…50g
・野菜スープペースト…15g
・ホワイトソース…20g
・トマトソース…20g
・茹で白身魚…15g
・茹でブロッコリー…20g
・オリーブオイル(ベンジャミン)…適量

 作り方

①七倍粥と野菜スープを鍋に入れ、火にかける。水分が少なくなるまで煮る。
皿に盛りつけ、温めた野菜スープペースト、ホワイトソース、トマトソース、
茹で白身魚、茹でブロッコリーを順に盛り付ける。
お好みで食べる直前にベンジャミンをかけて。
それぞれの素材の味を感じられるように、一種類ずつ食べさせた後、
混ぜてリゾットのようにして食べさせる。



 それぞれのレシピ

七倍粥の作り方
白米1:水7の割合で炊飯器に入れ、おかゆモードで炊く。

野菜スープと野菜ペーストの作り方
(作りやすい量)
玉ネギ…1/2個(100g)
ニンジン…1/2本(75g)
セロリ…1/3本(30g)
キャベツ…1~2枚(70g)
水…50g

野菜はすべて細かく切る。
鍋に材料すべて入れて火にかけ、沸騰したら弱火で20分加熱する。
ザルにあけ、液体(スープ)と固体と分ける。
固体のほうはミキサーにかけてペーストにする。

ホワイトソースの作り方
オリーブオイル(ベンジャミン)…大さじ1
薄力粉…大さじ1
牛乳(または豆乳)…150g
野菜スープ…50g

鍋にオリーブオイルを入れて火にかけ、薄力粉をふるい入れてかき混ぜ、
泡立ってきたら牛乳を一気に入れ、泡立て器で混ぜながら加熱し沸騰させる。
野菜スープも加え混ぜる。
沸騰したらバットなどにあけ冷ます。

トマトソースの作り方
オリーブオイル(ベンジャミン)…大さじ1/2
玉ネギ…1/4個 50g
フルーツトマト…2~3個 300g

玉ネギは細かいみじん切りにする。
フルーツトマトは皮を湯剥きして横半分に切り、種を取り出し、細かいみじん切りにする。
鍋にオリーブオイルと玉ネギを入れ火にかけ、焦げないよう弱火でじっくり、玉ネギが透き通るまで火にかける。
トマトを加え20~30分水分が少なくなるまで煮詰める。

茹で白身魚の作り方
鯛などの白身魚刺身用…1~2枚 15g
片栗粉…適量

お湯を沸かしておく。
魚の両面に薄く片栗粉をまぶし付け、火がしっかり通るまで茹でる。
小さく切る。

茹でブロッコリーの作り方
ブロッコリー…1房

お湯を沸かしておく。
ブロッコリーは小房に切り、柔らかめにゆでる。
冷水にとり冷まし、水分を切ってから細かく切る。


 ポイント
ソースやお野菜などそれぞれ冷凍保存が可能です。
作り置きしておき、リゾットに仕立てたり、他のレシピに応用できます。

また、生後7か月~8か月のお子さんを対象にしたレシピのため、味付けをしていません。
お好みで塩を加えて作ると大人もおいしく召し上がれます。
野菜や魚といった素材の風味を楽しめ
ご家族みんなでいただけます。


撮影・取材協力:ローカーボベジスイーツ専門店『パティスリーポタジエ』
〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-44-9
03-6279-7753 営業時間 10:00 – 20:00 年中無休 (イートイン L.O. 19:30)
https://www.potager.co.jp

  • 柿沢安耶さんプロフィール

「おいしいだけでなく、食べた人が健康になれる料理やスイーツ」を提供するお店作りを志し、フレンチや自然食などを学ぶ。オーガニック野菜生産者との繋がりから、より野菜の魅力を伝えたいと考え、2006年に世界初の野菜スイーツ専門店『パティスリー ポタジエ』を開店。野菜を主役へという想いから野菜の新しい食べ方や可能性を追求し提案している。2016年4月よりポタジエを低糖質=ローカーボベジスイーツ専門店へと進化。より多くの方にベジスイーツを楽しんでいただく可能性を広げている。また、日本の「食育」や「農業」への関心も高く、農業支援活動やイベント出演なども行い、小学校での食育セミナー、生産地での野菜作り体験ツアー、料理教室講師なども積極的に実施。健康・野菜をテーマにスイーツだけでなく料理のフィールドでも活躍中。

PAGE TOP