picture book 砂漠の油~oil of desert

酸度0.1オリーブオイル『カスティージョ・デ・タベルナス0.1』。それは〝奇蹟のオリーブオイル〟と称されています。多くの方の想いが、どこにもない希少なオリーブオイルを生み出したのです。私たち、Sherry-はその生産への絶え間なき努力と、生産者の〝想い〟を多くの方々に伝えていきたい。そして、素敵な食生活を実際に体験していただきたく想いっています。製品の魅力はもちろん、お話したいのは酸度0.1のオリーブオイル『カスティージョ・デ・タベルナス0.1』が織り成す素敵な毎日です。生みの親であるOLIVAR DEL DESIERTO(オリヴァル・デル・デスシエルト)社がオリーブオイルに捧げた詩があります。是非、皆様にも知っていただきたく、日本語版をここに記します。

picture book
砂漠の油 ~Oil of desert~

見渡す限りの海、海、海。

南スペインのアルメリアには青く美しいがある。

見渡す限りの砂、砂、砂

そしてヨーロッパで唯一の砂漠がある。

砂漠のなかに小さな町がある。

タベルナスという人口5千人の町だ。

いま、その町がオイルで沸いている。

砂漠にオイルはつきもの、と勘違いしちゃいけない。

そのオイルはエメラルド色に輝く。

砂漠のままでは人の心も乾いていく、ような気がする。

みんなのために、子供たちのために、この砂漠をの大地にしたい。

そう考えた男たちがいた。

男たちは来る日も来る日も苗木を植え続けた。

枯れてしまう苗木もあった。それでも決してあきらめなかった。くじけなかった。

山の向こうにがあるとわかれば、

そこまで行って深い井戸を掘り、延々とパイプをひいた。

苗木を植えはじめた日から10年以上が過ぎた。

緑、緑、緑・・・10万本のオリーブの森

不毛の砂漠は見渡すばかりのになった。

タベルナの住民は赤ちゃんもお年寄りも

ひとり20本のオリーブの木をもっている計算になる。

11月、オリーブの森にいき、オリーブの実を集める。

美しいの実を搾るとエメラルド色の美しい油ができる。

そのオリーブオイルは品質世界一の評価に輝いた。

世界一晴れの日が多い気候が素晴らしいオリーブの実を育てたからだ。

砂漠でとれた世界一のオイル

黄金色をしているのは

男たちがオリーブを来る日も来る日も植え続けたから。

情熱さえあれば、不毛の砂漠の大地になる。

                                            presented by CASTILLO DE TABERNAS

生産者の絶え間ない情熱と〝想い〟がカタチに
それはまさに奇蹟。
酸度0.1のオリーブオイル『カスティージョ・デ・タベルナス0.1』
多くの方々にその素敵な魅力と豊かな食卓を。

PAGE TOP