オリーブオイルな毎日~オリーブオイルな冬のはじまり

こんにちはSherry-です。

冬のはじまり、今年もヌーヴォーの季節になりましたね。
うんちくを語れるほどの知識はありませんが、ワインの世界は歴史があり味も香りも奥深いのにヨーロッパではとても身近なお酒、飲み物でとても興味があります。

みなさんはもう楽しまれましたか?
今日はワインに合う簡単レシピをご紹介します。
ワインやお酒と一緒に、ランチやブランチにフムスはいかがでしょうか?

フムスは酒の肴だけではなく、パンや野菜のディップ、トルティーアなど食べ方はいろいろです。国によってフムス、ハムスなど呼び方はいろいろで、トルコやギリシャ、イスラエル、シリア、イラクなど中東でよく食べられているようです。エクストラバージンオリーブオイルを使用しますので不飽和脂肪酸ももちろん豊富ですし、豆とゴマを原料としているので、タンパク質や食物繊維に富みミネラル分を多く含んでいます。純植物性の料理なので、世界中のベジタリアン、ヴィーガンの人々も好んで食べているようで、ダイエット効果もあるそうですよ♪

フムス sherry-風

材料
・ガルバンゾ豆(ひよこ豆)(缶詰でもokです)  200g
※乾燥豆の場合は一晩水にひたし、柔らかくなるまでコトコトゆでてください。
・エクストラバージンオリーブオイル 大さじ3
※今回は酸度0.1奇蹟のオリーブオイル「ベンジャミン」を使用しました。
・白ごまペースト 大さじ4
・にんにく  半片
※ガーリックパウダーでもOK
・レモン汁  大さじ 3
・塩  小さじ1
※塩分はお好みで増減してください。
・豆の煮汁または水  100cc
・カイエンペッパーやクミンなどスパイスはお好みで追加してください。

・パプリカパウダー、オリーブオイル 仕上げ飾り用

茹であがった豆、ゴマペースト、にんにく、煮汁半量をフードプロセッサーに入れ数回に分けてオリーブオイル、塩、煮汁を入れながら滑らかなペースト状にしましょう。
味を調えてください。

お皿にもりつけ、パプリカパウダー、仕上げはもちろんカスティージョ・デ・タベルナス0.1!奇蹟のオリーブオイル「ベンジャミン」をたっぷりかけて完成です。やさしい味で、温めても、冷めても美味しく食べられます。

私はバケットにたっぷりのせて食べるのが大好きです。

寒くなって来たこの季節、ストーブの上でコトコトお鍋で豆を茹でる。
なんだかほっこり幸せな気持ちになります。ぜひぜひお試しください。

 

★カスティージョ・デ・タベルナス0.1 (CDT0.1)ベンジャミンを使用しました。

酸度0.1のベンジャミンは生後6か月の赤ちゃんから摂れるエクストラバージンオリーブオイルです。オリーブオイル特徴である独特の香りや苦みを抑えオリーブオイルが苦手な方、小さなお子さん、お年寄りも美味しくお召し上がりいただけます。

詳しくは商品紹介をご覧ください。
 http://i-sherry.com/product/

オンラインショップにてご購入できます。
 http://www.cdt01-sherry.shop/items/5410596

PAGE TOP